「わたし、大事にされていないかも?」感情に振り回されず冷静に距離を置く方法

「気づいたら自分はいつも後回しにされている気がする」

「デートの企画はいつも私がやらなきゃいけないし、彼からのアイデアは一切ない…」

恋愛は決して楽しいことだけではありません、問題も生じることがあります。

この記事では、恋愛で自分が大事にされていないと感じた時に、感情に振り回されず冷静に判断するための5つのステップを解説します。

関係性が健全で、お互いに幸せを感じられるものなのか、ご自身で確認してみてくださいね。

ステップ1: 自分の感情をふりかえる

自分にとって何が必要かそうでないか、まずは自分と向き合う時間が必須です。

今の感情や恋愛での望みや期待をはっきりさせたら、パートナーとの対話もスムーズになるでしょう。

自分の内面を知るためには、日記をつける、静かな場所で心の整理をする、または信頼できる人に相談するなどの方法があります。

また、カウンセラーのプロなど第三者の視点からの意見は、自分が何を必要としているのかを明確にする上でも役に立ちます。

もし結論が「もっと自分を大事にしてほしい」というものであれば、それをどうやってパートナーに伝えるべきか、一緒に考えてみましょう。

ステップ2: 相手に冷静に伝える

感情を適切に伝えるステップは繊細な気配りが必要です。

ここで感情がエスカレートすると、相手は防御態勢に入ってしまいがち。

ですから、まずは自分の気持ちを落ち着かせ、整理しましょう。

何が「大事にされていない」と感じさせるのか、具体的な状況や行動をリストアップすると良いでしょう。

具体的な例を出すことで、相手も何が問題なのか理解しやすくなります。

続いて、その具体的な事例がどのような感情を引き起こしたのかを共有します。

たとえば、「その行為で私は孤独や不安を感じた」という風に。

これは攻撃ではなく純粋な感情を表現する方法であり、相手にも受け入れやすいでしょう。

また、コミュニケーションにはタイミングも大切です。

相手が疲れている、ストレスフルな状態、または気が散っている時には、どれだけ言葉を選んでも正しく伝わらないことが多いものです。

リラックスした状態で二人の時間を見つけて話すことが成功のカギです。

冷静なコミュニケーションであれば、相手も耳を貸してくれる確率が上がります。

ステップ3: どんなふうに関係が変わるか確認する


言葉での約束や感情表現は確かに重要ですが、恋愛においては行動がより大きな信頼を築く要素となります。

言葉での確約や情熱があっても、それに続く行動が伴わなければその信憑性は低くなります。

例として、「もっと君と時間を共有するよ」と言うものの、行動が変わらなかったら、その言葉の信頼性は失われます。

逆に、言葉での愛情表現が得意でなくても、困っているときにすぐに助けてくれるようなパートナーは、その行動で愛情と尊重を示していると言えます。

具体的な行動の変化が見られない場合、選択肢は主に二つです。

一つは、「本気であなたのことを考えていない、または感情をうまく表現できない」。

もう一つは、「どうすればあなたが喜ぶのか、よく理解していない」。

いずれにせよ、十分にコミュニケーションをとりつつ、定期的に「あのときの行動は嬉しかった」とか「もっとこうしてくれたら嬉しい」などのフィードバックの交換が重要です。

それにより、パートナーがあなたとの関係に真剣か、行動で示しているかどうかもわかります。

最終的には、その行動から「この人とは長い付き合いがしたい」と感じられるかがキーポイントです。

その感触が得られない場合、それは関係を再評価する、あるいは距離をとるなどの次の行動を検討すべきサインかもしれませんね。

ステップ4: 少し距離を置いてみる

もし、あなたが一方的に相手に尽くしていると感じた場合、少し距離を取ることで、どれほど相手にとってあなたが価値があるのかわかることもあります。

距離を取る、というのは物理的なスペースを意味するだけでなく、精神的なこととも含めます。

たとえば、「もっと時間を共有したい」という願望があった場合、いつも連絡を取り合っていた恋人同士が、あえて一日連絡をしない選択をするなどです。

また、通常三週間に一度には会っているのに、意図的に他の予定を作って会わないという方法も考えられます。

この期間には、以下のポイントに焦点を当ててみましょう。

  • 相手の反応:連絡頻度が下がったり、会う機会が減ったとき、相手がどう反応するかは、その人があなたに対してどれほど価値を感じているのかを示すひとつの指標になります。
  • 自分自身の感情:距離を置くことで、自分が相手にどれだけ依存しているか、あるいはどれだけ自立しているかに気づくチャンスが生まれます。

距離を取った後、相手がどれだけ改善してくれるのかを観察し、その結果に基づいて次のステップを考えます。

もし、相手が新たな態度であなたを大切に扱ってくれるようになった場合、それは関係が新しいフェーズに入るサインかもしれません。

しかし、何も変わらない場合は、今後の関係を見直す時期かもしれません。

ここで大切なのは、相手を試すのではなく、自分自身のためにあえて距離を置くという意識です。

あくまで「自分はどう感じるのか」「二人の関係性はこれがベストなのか」を見直す期間にしましょう。

ステップ5: 二人の未来を考える

最後は二人の未来を考えてみましょう。

最も重要なのは、その人間関係があなたにとって健全であるかどうか、です。

健全な関係とは、お互いに尊重し合い、成長と幸福を共に追求するような関係です。

関係性を評価するには以下のような要素を考慮してみてください。

  • お互いの進展:この関係があなたとパートナーの成長を促しているか?
  • 幸せの指標:大部分の時間、この関係において幸せだと感じていますか、それとも不安や疑念に満ちていますか?
  • 信頼と安全感:互いに信頼し、安心してお互いの心を開けますか?
  • コミュニケーション:感情や考え、希望などをオープンに共有できる空間はありますか?
  • 将来の展望:この関係がどのように進むか、明確なビジョンがありますか?

これらの観点から自分自身に問いかけ、二人の関係を評価してみましょう。

健全な関係であれば、たとえ困難な状況が発生しても、それを乗り越える力が生まれます。

一方で、もし関係が健全でないと感じた場合、その関係が本当に持続する価値があるのかをよく考える必要があります。

もし問題点がはっきりとしているなら、それを解消するための具体的なステップを考えることが重要です。

行動に移せない、または行動しても改善が見られない場合は、その関係を解消する選択も必要かもしれません。

最終的な選択はあなたが下すものですが、その前に、しっかりと自分と向き合い、考えてみましょう。

あなたを幸せにできるのは、あなただけ

最終的に、あなたが自分自身や他人との関係に何を求め、何を感じるかは、あなた自身が判断することです。

他人の態度や行動に一喜一憂するよりも、自分がどうありたいのか、どう行動したいのかに集中して見つめ直してみましょう。

そして、あなたを本当に幸せにできるのは、最終的にはあなた自身なのです。

自分自身としっかり向き合い、パートナーと健全で幸せな関係を築けるよう、二人で話し合ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください